ゆかりの小雪の本名や経歴は?宝塚の退団理由はなに?【踊る!さんま御殿!】

経歴は?

ゆかりの小雪さんは、2010年宝塚音楽学校入学しています。

2012年3月宝塚歌劇団98期生として入団。当時の成績は14番と順位が高いほうだったのでしょうか。

初舞台は宇宙組の『華やかなりし日々/クライマックス』でした。

2012年 花組『サン=テグジュペリ-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-/CONGA(コンガ)!!』に出演。

その後、月組に配属となる。

2104年『TAKARAZUKA 花詩集100!!』の新人公演には一部ヒロインパートを担当

2015年『1789-バスティーユの恋人たち-』にて初の大役のシャーロット役を熱演

同年の『A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION』バウホールにて初のヒロイン役

2016年『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!』て新人公演初のヒロイン役抜擢

がゆかりの小雪さんにとって初の試みである公演でした。

月組では2012年~2017年まで、様々な公演に出演されていました。ヒロイン役もわずか数年で獲得でき、演技力や歌、ダンスなど優れていた方なのでしょうね。

娘役らしい、かわいらしい顔立ちなのも、選ばれた理由の1つかもしれません。

スポンサードリンク

宝塚の脱団理由は何?

ゆかりの小雪さんさんは2017年『All for One~ダルタニアンと太陽王~』にて退団公演が行われました。

入団してから5年間でこれからトップを狙えるという時に、退団してしまったのでなぜか気になり調べてみることにしました。

残念ながら、情報を得ることはできませんでしたが、きっと何か理由があるのですよね。

もしかしたら、強烈キャラらしいので周りと会わなかった・窮屈に感じたかもしれませんし、毎日の厳しいレッスンや公演の中で嫌になってしまったかもしれません。

又は、役が自分に合わなくて苦しかったのかもしれません。

真相はゆかりの小雪さんにしかわからないのでわかりませんが、今こうして自然体?でテレビに出演されているのでのびのびとできて良かったのではないでしょうか。

キャラは天然?

あの明るいキャラは素なのか?

それともキャラとして演じているのか?気になりますよね。

6月7日放送した『アウトデラックス』でゲスト出演した時に、マツコデラックスさんが一瞬素が出た!と言っていました。

宝塚時代と違う!と驚いている方もいらっしゃるとか…。

事務所が水沢アリーさんやりゅうちぇるさんと同じですので、もしかしたらキャラを作っている可能性も全くないとは言い切れないですね。

どちらにせよ、今のキャラで楽しく明るく出演できているなら良いのかなと思いました。

まとめ

今回は、ゆかりの小雪さんについて気になる!情報でした。

これからますます活躍しそうですので、目が離せませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする