矢方美紀(元SKE48)の経歴は?乳がんを克服して現在は何をしている?【爆報!THE フライデー】

こんにちは。yuzukiです。

元SKE48の矢方美紀さんが、爆報!THEフライデーに出演いたします!!

矢方美紀といえば乳がんであることを発表し、左胸全摘出をしたことで話題となりましたよね。

まだ若いのにつらかった思いますが、前向きに生きている矢方美紀さん。

そこで、矢方美紀さんの経歴が気になり調べてみることにしました。

今回は、矢方美紀の気になる!を紹介させていただきますね。

気になった皆さん、これから一緒に見て矢方美紀さんを知っていきましょう!!

スポンサードリンク

矢方美紀さんのプロフィール

出典 https://profile.ameba.jp/ameba/yakata-miki

生年月日 1992年6月29日

出身地 大分県

血液型 O型

身長 153㎝

事務所 TYKPromotion

指原莉乃さんと同じ県の出身なのかと思っていたら、なんと同級生であることがわかりました。大分市立王子中学校の出身だそうです。

同学年からアイドルが2人も誕生したなんてすごいですよね!!都心ならあり得そうですが、地方だと珍しいのではないでしょうか。

エジプト文明が好きとのことで、趣味の1つにエジプト鑑賞があげられていました。

鑑賞は何か博物館へ行くのか?DVDや本などで観るのか?謎ですが、個性的なものを持っているのはとても良いことですね。

経歴は

次に矢方美紀さんの経歴についてご紹介いたします。

矢方美紀さんは、SKE28に入る前にAKB48第6回研究生のオーディションにエントリーをしています。

結果は残念でしたが、同年に開催されたSKE48第3期生でのオーディションにて見事合格しています。

大分県から東京や名古屋までいかなければならなく、交通費がかさむためSKE48のオーディションで最後と決めていたそうです。

最後と決めていたことにより、力を思う存分発揮し合格できたのではないでしょうか。

2010年に研究生からチームKⅡに昇格

2012年初の選抜メンバーになる『アイシテラブル』のシングルにて登場

同年に開催したAKB48の選抜総選挙では62位

2013年チームSに移籍

2014年選抜総選挙では73位

2015年チームSの副リーダーに指名される

2016年チームSのリーダー就任

2017年2月28日SKE48を卒業

SKE48を卒業してから約1年半弱しか経っていないのですね。

チームのリーダーに選ばれるということは、しっかり者かみんなからの信頼が厚かったのでしょう。

ものまねが得意で、SKE48に加入時人見知りだった矢方美紀さんは、ものまねを披露することでコミュニケーションをとっていたそうですよ。

チャーミングですね。

レパートリーは、キンタローさん・堺雅人さんの顔真似・高橋みなみさん・スタッフさんなどがあるそうです。

ぜひ見てみたい!!

そして、大分から名古屋に来た矢方美紀さんは、最初は寮で暮らしていたのですが、ご家族が転居して現在は一緒に住んでいるうです。

転居までしてくれたご家族の愛を感じましたし、娘が心配だったのでしょうね。

素敵なご家族です!!

2018年4月乳がんであることを公表。リンパ節の除去と左乳房全摘出をする。

手術成功し、同月に退院しました。

卒業理由も乳がんのためかなと思ったのですが、時期的に当時は発症していなさそうですね。

乳がんはステージⅡbであると発表されています。

こちらは進行具合は早期らしく、5年生存率も高め。全摘出をした理由の情報はありませんでしたが、しこりが大きかったのか?見た目より命を選んだのか?ということでしょうか。

何にせよ、無事退院することができたのは1番大きいですよね。

スポンサードリンク

ガンを克服した矢方美紀さんは現在は何をしているの?

さて、退院した矢方美紀さんは現在お仕事ができているのか調べたところ、愛知県中心にご活躍されていることがわかりました。

詳しい出演はブログで更新してくれていますよ!!

https://ameblo.jp/yakata-miki/entrylist.html

退院してからまだ日が浅いですが、徐々に本来の体調に戻し元気に活動してほしいですね。

矢方美紀さんが爆報!THE フライデーに出演いたします

そんな、前向きでこれから頑張ってほしい矢方美紀さんが、爆報!THE フライデーに出演いたします!!

乳がんについて語るそうで、どのようなトークなのかじっくり聞きたいですね。

まとめ

今回は、矢方美紀さんの気になる!情報でした。

これからもっと元気になって、活躍してくれるのを応援していきましょう!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする