富士そば創業者である丹道夫はどんな人?wikiやお店の評判が気になる!【激レアさんを連れてきた。】

こんにちは。yuzukidです。

富士そばの創業者である丹道夫さんが、激レアさんを連れてきた。にゲスト出演いたします。

富士そば何回か食べたことがあります!!創業者のことまで知らなかったので、どのような方なのか調べてみましたよ!

今回は、丹道夫さんの気になる!を紹介させていただきますね。

気になった皆さん!これから一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

丹道夫さんのプロフィール

出典 https://www.bizcompass.jp/interview/236-1.html

丹 道夫

(たん みちお)

名代富士そばを運営するダイタングループの創業者

生年月日 1935年12月15日

出身地 愛知県名古屋市

産まれてから間もなくして丹道夫さんのお父様が死去し、お母様の実家へ転居しました。

現在の愛媛県西条市である新居群大保木村で育ち、地元にある村立大保木小学校・中学校を卒業。高校は定時制の愛媛県立西条高等学校へ進学。

高校卒業後は、東京栄養食糧専門学校へ進学をしました。

食の道を行くためにこちらの専門学校に進学されたのでしょうか。こちらへ進学したからこそ、富士そばが出来上がったのでしょうね。

専門学校卒業後は地元や東京で様々な職につき、4度目の上京で給食センターで働くこととなりました。

後に埼玉県川口市にお弁当やお惣菜のお店をオープンし、業績も上がっていったそうですよ!

1964年にお弁当屋は弟にゆずり、知り合いからの勧めで不動産業に乗り出しました。自分の興味を持ったことに対して、まっすぐに前進する方ですね。

その後、1966年に24時間営業の立ち食いソバやをオープン!当時の店名は富士そばではなく「そば清」という名前でした。(場所は記事によって渋谷だったり新宿だったりします)

ちょうど東京が眠らない街へと移行していた時のオープンだったためか、タクシーの運転手が休憩中に寄ることが多くなり、口コミで広まっていったそうです。

しかし、その中でお店が発展しすぎて疲れてしまったのと、知り合いと経営していた不動産業などの思考の違いにより、関係を断つことにしました。

その時に退職金とそば屋をもらい、1972年ダイタンフードを設立。

最初のうちは丹道夫さんが病気になったり、お母様が重病になったりと不運が続いたのと、資金繰りに苦労をして辞めてしまおうか迷いが生じたそうです。

しかし、吹っ切れて富士そばの経営に専念することとなりました。

今では業界トップクラスの立ち食いそば屋にまで成長!!現在に至ります。

大変な時もあったけど、あきらめずに進んでいったことにより成功をおさめたのですね。

丹道夫さんは行き当たりばったりだそうですが、芯が強くて決めたことは必ずやり遂げる方なのかなと思いました。

そして、富士そばはホワイト企業として有名らしく、従業員の生活が一番大切と経営方針にかがげている会社なんだとか!!

アルバイトでも退職金やボーナスが支給!有休もしっかりあって、休憩時間も時間給に含まれる

店長がお店の権限を持っていて、自分自身でメニュー開発やPOP制作もできるそうですよ!

しかも丹道夫さんも来店することがあるそうですが、細かいことは言わないみたいです。

やりがいのある会社ですね。

私も大手販売企業に勤めていましたが・・・・です。

モチベーションがアップしそうな制度となって魅力的です!

スポンサードリンク

富士そばの評判は?

業界トップクラスまで昇りつめた富士そばですが、実際の評判が気になり調べてみました。

お店の店長によって味が異なるのですが、

手軽で美味しい!

一流のB級グルメ!

早く提供してくれる!

カツカレー、かつ丼がおすすめ!

ちょうどよいコシのそばがよい!

時間がない時に便利!

など評価の高い口コミが多かったです!!

ここまで言い評判を聞くと、行ってみたくなりますよね。

店舗は東京都・神奈川県・千葉・埼玉で営業しており、主に企業の密集している東京23区に集中しているという感じでした。

忙しいサラリーマンの方々などが、昼食をとる時間も限られて速さを求めている方も多いでしょうから、23区に多いのでしょうね。

丹道夫さんが激レアさんを連れてきたに出演いたします!

そんな、従業員思いな丹道夫さんが、激レアさんを連れてきたに出演いたします!!

いきあたりばったりなじんせいだっとということで、どのようなエピソードが聞けるか楽しみですね。

まとめ

今回は、丹道夫さんの気になる!情報でした。

これからも元気にご活躍していただけるのを期待したいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする