日焼け後の肌でお悩みの方必見!アフターケアとスキンケアのポイント

こんにちは。yuzukiです。

日差しが暑い季節ですね。洗濯物を干すときや、ちょっとした外出で日焼けをしてしまった!!ということはありませんか?

私も、日焼け止めの重要性は重々わかっているのですが、ついうっかり日焼けをしてしまう時があるのですよね…。

この時にどのようなケアをすれば肌が落ち着くか、ダメージを最小限に抑えられるかも気になっているはず!!

そこで、元美容部員の私が対処法をこれからご紹介いたしますね。

日焼けしてしまった方必見です!!

紫外線とは?

まず紫外線の特徴を知っておくとよいでしょう。

紫外線には直接肌に届くものでいうと、UVAUVBの2種類があります。

よく聞く名前ですよね。こちらのそれぞれの特徴としましては

UVA 波長が長い 窓を通り越してしまう ハリや弾力の低下
UVB 波長が短い 窓をとおり越せない シミや肌荒れの原因る

紫外線はUVA・UVBのどちらも、身体に影響を与えるものであるということがわかりますね。

特に紫外線によるハリや弾力の低下を光老化といい、肌の衰える原因の約80%を占めているといわれています。

紫外線を浴びただけで、こんなにも肌トラブルを与えてしまうのは怖いと思いますし、日焼けをしっかり使用しなくては!!と思いますよね。

日焼け後の肌状態

日焼けをしてしまった直後の肌は、サンバーンを引き起こしています。

サンバーンとはやけどしている状態のこと。紫外線に当たり続けていたら、肌が赤くなってヒリヒリして痛い!ということはありませんか?それがサンバーンです。

火に当たっていないのに肌がやけどするのですよ!怖いですね…。

そして、肌のヒリつきや赤みが引くとサンタンといった色素沈着が起こり、肌を黒くさせてしまいます。

よく日焼けをして黒くなる人がいますよね。そのことを言います。

そうなってしまうと、シミの原因にもなりますし、肌の奥のハリや弾力の成分がある真皮までに悪影響を及ぼし肌トラブルを招いてしまうのです。

こうならないためにも、赤みが出てしまったら早急なアフターケアが必要となります。

スポンサードリンク

アフターケア方法

次に、肌トラブルを最小限に抑えるため、うっかり日焼けをしてしまった後のアフターケアが重要となってきますので、今からケア方法を紹介いたしますね。

冷やす

まずは赤くほてっているときは、冷やしてクールダウンさせること!冷たいタオルや冷水、保冷材などで幹部を冷やします。

ここが一番重要です!こちらをするかしないかで、今後の肌に影響を及ぼす程度が違ってきます。

保湿する

日焼けして炎症を起こしてしまった肌は、乾燥を招きやすいのでたっぷりと保湿をしましょう。

そのときに使用する保湿は、低刺激で肌に優しいタイプがおすすめ!

炎症を起こしているということは、肌が弱まっている状態ということですので、肌に刺激の少ないものでやさしくいたわりながら塗布してくださいね。

水分補給をする

体の中からも水分を補給します。肌が乾燥していると同時に、紫外線を浴びた体内も水分が不足している状態です。

そこで水分補給をし、身体の中も潤いを与えましょう。

この時に飲むものとしては、お水やスポーツドリンクがおすすめです。

なぜかというと、コーヒーなどには利尿作用があるから!せっかく補給したのに、すぐに排出されては体が潤いませんからね。

睡眠をとる

睡眠をとることで、肌を回復させます。

睡眠中はターンオーバーという肌の生まれ変わりの機能が活発化するといわれています。

そのターンオーバーで黒くなった肌を外へスムーズに排出し、元の肌へ戻すことができるからです。

日焼けした後は、楽しい夏休みでも今後の肌のことを考え十分な睡眠をとりましょうね。

症状が治まったら美白ケアをする

赤みやヒリつきが治まったら、美白化粧品を使用してケアをします。

美白は、シミの原因となるメラニン色素を作り出すのに欠かせない

酵素チロシナーゼの活性化を抑える働き(プラセンタ、ビタミンC誘導体、アルブチン、エラグ酸など)

メラニン還元(ビタミンC誘導体)

ができる成分などがあります。

様々な成分が含まれたスキンケアがたくさん販売されているので、手に取って確認してくださいね。

まだ、ヒリつきがある場合は美白化粧品を塗布してしまうと、更なるトラブルの原因となりますので注意してくださいね。

スキンケアで選ぶポイント

うっかりしてしまった日焼け直後に使用するスキンケアの選び方についてご紹介いたします。

ヒリヒリしている状態で肌が炎症を起こしているので、刺激の少ない成分の配合されたスキンケアを使用し、肌をいたわりながらやさしく塗布します。

そして、おすすめの成分はこちら

アロエ

肌のターンオーバーを促すことや、肌に潤いを与える働きがあります。

抗菌・抗炎症の働きで、日焼け後のほてりを和らげます

セラミド

セラミドは、肌に表面にうるおいを与え、外界からの刺激を守る働きがあります。

補うことで、炎症を起こしてしまった肌の回復を助ける役割があるのです。

どちらも、日焼け後の肌に欠かせない成分ですね。

アロエやセラミドは肌に優しい成分ですので、肌が敏感になりがちな方でも使用できますし、お子さんなどにもしてあげるといいですよ。

アロエジェルのヒンヤリ感、暑い夏にとっても気持ちいですよ。

まとめ

  1. 冷やす
  2. 保湿する
  3. 水分補給をする
  4. 十分な睡眠時間をとる
  5. 治まったら美白ケアをする
  6. 保湿する際は、アロエやセラミド配合のアイテムを使用する

日焼けをしてしまったアフターケアの方法と、おすすめ成分でした。

これでもううっかり日焼けをしても、肌に影響を最小限に抑えることができますね。

日差しが強い日でも、きれいな肌の維持を目指しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする