下川正將のwiki風プロフ!カバディの日本代表選手の年齢や経歴は?【身になる図書館】

こんにちは。yuzukiです。

カバディの日本代表選手の下川正將さんが、中居正広の身になる図書館に出演いたします!

カバディという言葉は聞いたことがあるのですが、どのような競技か?また、下川正將さんはどのような人なのか気になりましたので調べてみることにしました。

今回は、下川正將さんのkになる!を紹介させていただきますね!

気になった皆さん、これから一緒に確認してきましょう。

下川正將さんのプロフィール

下川正將

カバディ

日本代表

生年月日 のちほど紹介します

出身地 アメリカ

身長 170㎝

所属 大正仏陀

下川正將さんは、アメリカのカルフォルニア州ロサンゼルスの出身で埼玉県白岡市育ちということで、生まれてから数年で日本に帰国したのでしょう。

出身がロサンゼルスなんてすごいですよね。

カバディとは?

インドの国技です。

「カバディ・カバディ」と言いながら行う競技で、7対7で試合をします。

敵にタッチされないように、敵をタッチして自分の陣にいかに戻れるか?を競います。

詳しいルールはこちらから。

最初の音楽の「カバディ・カバディ・カバディ…」が頭から離れません。

瞬発力が必要な競技みたいですね。

スポンサードリンク

経歴

下川正將さんはスポーツ少年だったものの、カバディを始めたのは大学の頃から。

小学生の時はサッカーや野球・体操などをし、中学は野球に励んでいました。

中学卒業後、栄北高等学校という埼玉県内にある私立高校へ進学し、硬式野球部に所属。

それまではカバディというスポーツがあるということすら知らなかったそうです。

私も知ったのは、つい最近…。知らない方も多いでしょうね。

高校卒業後は大正大学へ進学し、人間学部人間福祉学科を専攻。

偶然大学にカバディ部があり、新入生歓迎会が参加費無料ということで軽い気持ちで参加してみると、先輩方の優しさに惹かれ、1回見学をしに行くことにしたそうです。

その見学をしたときに、カバディの魅力を感じ入部。

大学3年生の頃に日本代表に選出され、広州アジア大会でなんと銅メダルを獲得するなど活躍をしました。

大学卒業後は、大正大学OBが所属している大正仏陀というチーム所属。

就職も、カバディの活躍ができることを考慮して探して内定をもらい入社しました。

カバディは、日本ではまだマイナー競技ということで、働きながらではないと生活ができないのでしょうね。

全日本選手権で4連覇を果たしたり、プロカバディリーグのU Mumbaの大会にて、日本人初のカバディ選手として参戦。見事準優勝を獲得!

2014年からは、日本代表の主将に抜擢されるなど、現在の日本のカバディ界にとってなくてはならない選手となりました。

カバディを始めて3年で日本代表選手に選ばれるなんてすごいですよね!

元々、小さいころからスポーツをしてきたから、カバディを始めたばかりでもこのような活躍ができたのでしょう。

年齢は?

下川正將さんは、1989年3月6日生まれです。

2019年3月現在だと30歳ということになりますね。

ちょうど誕生月です!!

20代から30代に突入する年ですので、下川正將さんにとって素晴らしい年になるといいですよね。

下川正將さんが中居正広の身になる図書館に出演いたします!

そんな、カバディ選手の下川正將だんが、中居正広の身になる図書館に出演いたします!

カバディ選手はお坊さんだらけ?!など、カバディについて語ってくれると思いますよ。

詳しく知ることができるので楽しみですね!

まとめ

今回は、下川正將さんの気になる!情報でした。

これからも、カバディ日本代表選手として大活躍するのでしょうから目が離せませんね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする