子連れで海水浴の便利な持ち物とは?おすすめアイテムと注意点

こんにちは。yuzukiです。

気温が暑くなり、海へ行きたい!!と思うことはありませんか?

ちょうど子供たちも夏休み!ですよね。

そこで、子連れで海水浴へ行くときの基本的な持ち物や、あったらうれしいアイテム、そして海水浴へ行く注意点は何か?気になったので調べてみることにしました。

調べていくうちに、もう持ち物は何か分かったから、あれがなくて困った!ということにはならなさそうです。

今回は、子連れで海水浴の持ち物について紹介させていただきます。

気になるあなたも、一緒にチェックしましょう!

スポンサードリンク

子連れで安心持ち物とは?

水着

海へ入るのでしたら最重要アイテムですよね。

サイズはもったいないように感じてしまうかもしれませんが、ジャストサイズを選びましょう。

大きめだと、脱げてしまうことがありますからね。

タオル

タオルはフェースタオル・バスタオルを持っていくとよいでしょう。

特に、バスタオルは巻くタイプのラップタオルがおすすめ!!

これだと更衣室が混雑して着替えられない時も小さい子だったら巻いているだけで着替えられますよ。

小銭入れ

海水浴中、お腹がすいて何か購入するとき、海の家のロッカーまで戻ってお財布を出して…って大変ですよね。

海の家を利用しない場合は、お財布を持ち歩かなければ盗難されかねませんよね。

そこで、防水で首からかけられるタイプのお財布を持っていれば、購入したい時にすぐに取り出せますし、持ち運びもできてお札も水に濡れないので便利です。

帽子

海水浴といえば日差しが強い夏!!

頭や顔を長時間日に当たらないように、帽子をかぶりましょう。

もちろん、海に入っているときは外してくださいね。

浮き輪

子供は足がつかないところは怖いと思いますので、浮き輪を持参します。

もちろん、足がつく場所でも浮き輪があると安心ですよね。

小さい子だと足だけを出すタイプ

腕に装着するタイプ

ミッフィー(miffy)アームリング 腕用 浮き輪 アームヘルパー アームフロート スイムグッズ キッズ ベビー 子供 男の子 女の子 海水浴 プール 水泳 スイミング お出かけ キャラクター ブルーナ

があるのでこちらを使用すれば、子供も怖がらずに海へ入ることができますよ。

子供の保険証

万が一のために子供の保険証や母子手帳も必要です。

クラゲに刺されたり、ケガをして急遽病院へ行くなどトラブルになった時に必要ですからね。

日焼け止め

日差しが痛いと感じるほどですので、日焼け止めをこまめに塗りなおしてあげましょう。

できればウォータープルーフタイプがいいでしょう。

塗る時間も2,3時間に1回は塗り直しましょうね。

日焼けをしてしまった!という時の対処法がありますので、こちらをご覧くださいね。

こんにちは。yuzukiです。 日差しが暑い季節ですね。洗濯物を干すときや、ちょっとした外出で日焼けをしてしまった!!ということはあり...

着替え

汚してしまった!という時に必要アイテムです。

こちらは通常の外出と同じ持ち物となりますし、かさばらないので持ち運びしやすいですね。

絆創膏

転んですりむいてしまった!など軽いけがの時に必要です。

子供ってよく転びますよね…。

砂浜には貝殻の破片やごみがあり、ケガをしやすいと思いますのであると便利です。

レジャーシート

砂浜で休憩するときに必要となります。

もちろん海の家で休憩!ということもできますが、ほんの少し休憩してまた海に入るという時は戻っては行って…と往復が大変です。

しかも砂浜は日差しのせいで熱い!そこでレジャーシートを持参すれば、熱いのを防げますし移動距離も減るので楽になりますね。

水筒

暑い日には水分補給が必要です。

どんなに海へ入って涼しいかもしれませんが、水分は奪われます。

そこで水筒を持参すれば冷たいままの飲み物が飲めるのでクールダウンできますし、購入する手間が省けすぐに水分が取れるので必要アイテムとなります。

あると嬉しいアイテム

ラッシュガード

ラッシュガードがあれば、日よけや寒さよけとなるのであると便利です。

あと事情があって隠したいという時なんかは便利です。

子供に大きい異所性蒙古斑があって周りの目が気になったので、隠すためにラッシュガードを着させましたよ。

圧縮袋

帰宅するときにタオルや着替え、水着は1種類ずつだと少ないですが、家族全員分だとかさばりますよね。

そこで、圧縮袋を持っていけば小さくまとめることができるので持ち運びがしやすくなります。

簡易テント

簡易テントで日よけ対策をします。

もちろん、パラソルのレンタルがあるのでそちらを使用するのもいいですが、簡易テントがあるとその中の空間はプライベートな空間となり、日よけもできるのであったら便利です。

保冷バック

ずっと砂浜にいると暑いです。

保冷バックに冷たい飲み物を入れておけば、飲みたい時に飲むことができますよね。

また、保冷剤を入れておいて使用すると、クールダウンができるのでいいのではないでしょうか。

おやつ

飽きてぐずらないためにも、おやつはあったほうがいいでしょう。

どんなに楽しくても、ちょっとしたことで機嫌が悪くなったり、お腹すいたと言ってきます。

ご飯を食べたばかりなのに、言ってくることもありますよね。

そんな時におやつがあればご機嫌になりますし、小腹を満たせることができるのでおすすめです。

スポンサードリンク

子連れで海水浴に行く注意点

こまめに水分補給を

日差しが強いので、身体は水分が奪われます。

熱中症が心配されますよね。

そこで、緑茶などの利尿作用があるものは避け、こまめに水やスポーツドリンクを与えましょう。

経口補水液も販売されていますよね。それも準備しておくと安心です。

子供の目を離さない

子供は予想外のことをします。

絶対に目を離さないようにしましょう。

目を離したすきに海に溺れてしまった、迷子になった、ケガをしたなどトラブルになる可能性は高いです。

さらに連れ去られたなどの犯罪に巻き込まれることも懸念されますので、しっかりと目が行き届く範囲内で遊ばせましょう。

不要に触らない

海には危険なものがたくさん落ちています。

ゴミや鋭くとがったかけた貝殻、クラゲなんかも…。

特にカツオノエボシはとてもきれいな色をしていて、つい子供が触ってしまうかもしれません。でも、猛毒ですよね…。

死んでいても危険だそうですので、出会っても絶対に触らないようにさせましょう。

波が高い時は無理に行かない

波が高いと、もしかしたら波にのまれておぼれてしまう可能性があります。

もちろん浮き輪を装着しても、何かのはずみで離してしまうかもしれませんので危険です。

そこで、波が高いな…という時は中止をしましょう。

海へ着いてから高波になった場合は、浜辺中心で遊んだり、海は子供のひざ下までのところで遊ばせるのが安心ではないでしょうか。

まとめ

子連れで海水浴へ行くときのおすすめ持ち物と注意点でした。

これで、なくて困った!ということがなくなりますね。

楽しい夏の思い出を作りましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする