佐藤里津(相撲)がかわいい!wikiや経歴が気になる【ジャンクSPORTS】

経歴は?

小学2年生の時、お兄さんが参加した相撲大会を見て応援するつもりで来たのですが、自分もやる!!と意気込み相撲の世界へ飛び込みました。

中学生時代の情報が残念ながらありませんでしたが、中学生の時でも相撲の稽古をしていた可能性が高いですよね。

高校は楊志館高校に進学。男子と混じって相撲の稽古に励んだそうです。

(楊志館高校は大分県にある私立高校です。偏差値は41~44となっています)

しかも!高校2年生から引退まで、部内で初の女性の主将を務めました。

高校3年生が引退した後、高校2年生に男子部員がおらず、2人の女性部員の中から選ばれたそうです。

主将といっても、男性より女性はどんなに鍛えてもたいていの場合、男性より力が勝ることができません。そこで、力で引っ張るよりも練習以外の生活習慣などのところで引っ張っていこうと努力したとのことです。

確かに力では勝てないですよね…。女性主将としてどのようにすればいいのか迷ってしまいます。しかし、佐藤里津さんはしっかりと分析して、何が自分にできるか考えてこのように後輩部員たちを引っ張っていったのでしょう!

高校卒業後は、日本文理大学情報メディア学科に進学。こちらも大分県私立大学です。

ここから察するに、佐藤里津さんは大分県出身なのかな?と思われます。

大学でも相撲の稽古に励み、2018年6月、大学2年生の時に「第3回全国女子相撲選抜ひめじ大会」にて一般超軽量級(50㎏以下)で優勝を成し遂げました!!

素晴らしいですね!

快挙を成し遂げたため、大分市長から賞を受賞いたしました。しかも今回で3回目という…すべて相撲に関してなのでしょうね。さすがです!

佐藤里津さんは、相撲がオリンピックの競技項目に入って相撲を取りたいとのこと。

相撲の魅力は、勝ち負けがはっきりしているところが楽しいとおっしゃっていました。

普段の佐藤里津さんを見ると普通の女子大生

出典 http://n-star.jp/sports/205

しかし、土俵上ではほんわかとした印象が一変して相撲選手として挑んでいるのですよね。

いつか女子相撲がさらに拡散して活気づいて、佐藤里津さんに試合を見る機会が増えればいいなと思いました。

スポンサードリンク

佐藤里津さんがジャンクSPORTに出演いたします!

そんな、相撲の腕前に優れた佐藤里津さんが、ジャンクSPORTSに出演いたします!

脳震とうで記憶がないまま試合に挑んだエピソードを語るそうですよ!どのような話か気になりますね。

まとめ

今回は、佐藤里津さんの気になる情報でした。

これからも相撲で更なる活躍ができるよう応援したいですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする