岡田美紅(SKE48)がものまねを始めたきっかけは?wikiや高校・出身はどこ?【ものまねグランプリ】

こんにちは。yuzukiです。

AKE48の岡田美紅さんが、ものまねフランプリに出演いたします!!

アイドルがものまね?!と驚いたのですが、どうしてものまねを始めたのか?きっかけが気になったのですよね。

そして、岡田美紅さんはどのような方なのか?高校や出身地などが気になり調べてみることにしました。

今回は、岡田美紅さんの気になる!を紹介させていただきますね!

気になった皆さん、これから一緒に確認していきましょう。

岡田美紅さんのプロフィール

出典 https://twitter.com/popo39_official

岡田美紅

(おかだ みく)

SKE48

ニックネーム みいぽぽ

生年月日 1997年11月13日

出身地 徳島県

身長 155㎝

血液型 A型

2018年総選挙 78位

山本彩さんにあこがれてギターを独学で学んだそうで、ギターを弾くのが趣味だそうです。

小学生のころからピアノを始める。

12歳の頃、キラキラした衣装を着ているAKB48に憧れて、アイドルになりたいというようになりました。

中学生の頃はソフトテニス部に配属。

高校生の時にアイドルの夢をかなえるため、HKT3期やチーム8のオーディションを受けたところ、残念ながら不合格…。

2016年8月から始まったSKE48第8期生のオーディションに応募

合格となり、2016年11月19日の『みんなが主役! SKE48 59人のソロコンサート~未来のセンターは誰だ?~』昼の部にてお披露目されることとなりました。

研究生として活躍したのち、2018年4月に『SKE48単独コンサート 10周年突入 春のファン祭り!~友達100人できるかな?~』にて正規メンバーへの昇格へとチームS所属が発表。

同年の5月1日からチームSのメンバーとして活動を始めました。

デビューして2年の方だったのですね。正規メンバーになったのも最近のことですよね。

それでも今回、このように個人で番組に出演できるのはものまねの実力もあると思いますが、何か持っている子なのかなとも思いました。

スポンサードリンク

出身校はどこ?

岡田美紅さんはデビューしたのが19歳ですので、高校卒業してからということとなります。

アイドルとしては遅めのデビューですかね。

そこで、高校はどこへ通われていたのか?大学は?と、気になり調べてみることにしました。

残念ながら高校はどこかの情報がありませんでした。

岡田美紅さんは徳島県の阿波市育ちということでしたので、もし阿波市の県立高校へ進学しているとなると、徳島県立阿波高等学校か、徳島県立阿波西高等学校のどちらかに通われていた可能性があります。

高校卒業後はパティシエを目指すため製菓の専門学校に進学したとのこと。

しかし、SKE48のオーディションがあることを知って、これが最後のチャンス!と思いオーディションを受けたそうですよ。

諦めないでオーディションを受けたことで、現在やりたいことができているのは素晴らしいことですよね。

ものまねを始めたきっかけは?

今回のものまねグランプリは予選を勝ち抜いて出場権利を得たそうなのですが、なぜアイドルなのにものまねをするのか?始めたきっかけが気になったのですよね。

調べたところ、なぜものまねをすることとなったのかの情報は得られませんでしたが、福田彩乃さんがきっかけということがわかりました。

もしかすると、岡田美紅さんはテレビなどでものまねを見て、すごい!私も福田彩乃さんのようになりたい!と思ったのでしょうか。

憧れるだけではなく、ものまねもクオリティが高いとのこと。

渡辺麻友さんのものまねをご本人にしたところ公認をいただき、2018年5月に放送したものまねグランプリで福田彩乃さんがものまねする方のものまねを披露したところ、コロッケさんから大絶賛!

視聴者の方からも、ものまねが上手い!!と評判だったらしいです。

徹底的にものまねをする方のリサーチをして練習に励んだのでしょうね。

岡田美紅さんは、まっすぐでまじめな方なのかなとも思いました。

岡田美紅さんがものまねグランプリに出演いたします!

そんな、ものまねのクオリティが高いアイドル岡田美紅さんが、ものまねグランプリに出場いたします!!

「いただきまゆゆ」を披露するそうで、どのような感じになるのか?結果はどうか気になりますね!

まとめ

今回は、岡田美紅さんの気になる!情報でした。

研修生から昇格して間もないためか、情報があまりありませんでしたが、ものまねグランプリがきっかけで知名度が上がり、更なる活躍をしていただけるよう応援したいですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする