中岡裕普の年収や経歴は?珍生物ハンターになったきっかけとは?【ジョブチューン】

こんにちは。yuzukiです。

珍生物ハンターの中岡裕普さんが、ジョブチューンに出演いたします。

珍生物をハントしてお金をもらっているのですかね。どれくらいの収入になるのでしょうか。

経歴や、ハンターになったきっかけも気になりましたので調べてみることにしました。

今回は、中岡裕普さんの気になる!を紹介させていただきます!

気になった皆さん、これから一緒に確認していきましょう。

中岡裕普さんのプロフィール

中岡裕普

珍生物ハンター

大阪府在中

1978年生まれの40歳(2017年10月39歳という情報より)

中岡裕普さんは珍生物ハンターとしてテレビに出演していますが、その他にも中岡裕普が経営するfrom SCRATCHというペットショップ(大阪府藤井寺市)や、大阪動物植物海洋専門学校(大阪府大阪市大正区)の講師としての肩書も持っています。

大阪動物植物海洋専門学校は水生生物・水産増殖・動物飼育、看護・トリマーなどのコースがある専門学校です。

ペットショップは昆虫・爬虫類・両生類・小動物などを取り扱っているお店で、店舗販売だけではなくオンラインで購入することもできますよ。

こちらでは、購入したけど買えなくなった場合の相談もしているそうですよ。動物を愛しているからこそのサービスですね。

from SCRATCH

珍生物ハンターだけではなく、さまざまな場所で活躍されている方ということがわかりました。毎日が忙しそうですよね。

でも、自分がしたいことを思う存分していて、生き生きした生活なのかなと思いました。

スポンサードリンク

珍生物ハンターとなったきっかけとは?

さて、中岡裕普さんがナゼこの道を選んだのでしょうか?

珍生物ハンターって需要はあるものの、おこなっている方は珍しいのかなと思い調べてみることにしました。

中岡裕普さんは、中学の頃から昆虫採集のバイトを始めたそう。小さいころから昆虫などが好きだったのですね。

採集していると生態について詳しくなることができ、さらに採集の腕に磨きがかかりました。

なんと、高校生の時に約60万~80万の稼ぎを出していたのだとか!

しかも中岡裕普さんは、途中で採集を中断してしまうと採集能力が衰えてしまうと考えており、ずっと辞めずに続けているとのこと。

そして今回の舞台となる石垣島では、20代のころから島の森で珍生物を採集してます。

しかも、採集を始めたら夜中でもお構いなし!3時間の睡眠が長いのだそう!

夜に珍生物が多いということもあるのでしょうか。

そこまでやることに熱中ができるのは、素敵なことですよね。

だからこそ、現在珍生物ハンターとしてメディアにも注目をされるのでしょうね。

気になる年収は?

珍生物ハンターとして活躍中の中岡裕普さんですが、どれくらいの収入を得ているのでしょうか。

調べて所、詳しい情報はありませんでした…。

しかし、以前テレビで珍生物を採集した時に、5日間合計108万7,800相当もの生物を採集したそう。

相当な数の生物を採集したことになりますよね。

ただ、毎日採集しているわけではないと思いますし、旅費や交通費などの経費が引かれると利益は少し減った額になるということですよね。

そして、中岡裕普さんは、専門講師としてのお仕事やペットショップの経営もしています。

専門講師は平均523万円の年収だそう。

ペットショップは、経営状態によりますが月40万くらいと書かれている記事がありました。

これらを参考にしてみると、専門講師とペットショップだけでも約1000万!結構な額をもらっているのですね!

それにメディア出演やハンターとしての収入が加わることでさらに収入を得ていることになります!

憶測になってしまいましたが、好きなことを続けてきて成功した!方だったのですね。

中岡裕普さんがジョブチューンに出演いたします。

そんな、珍生物ハンターの中岡裕普さんが、ジョブチューンに出演いたします!!

珍生物をハントしに行くのを密着するそうですよ!

どんな生物が獲れるか?楽しみですね。

まとめ

今回は、中岡裕普さんの気になる情報でした。

これからも、更なる活躍が期待できますので目が離せませんね!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする