村田諒太(ボクシング)の経歴は?強さは天性?ジャンクスポーツに出演

こんにちは。yuzukiです。

ボクシングの村田諒太さんが、6月3日放送のジャンクスポーツに出演いたします!!

ところで、村田諒太さんの経歴をご存じでいらっしゃいますか?

私は、ボクシングで活躍していることを知ったいるだけだったので、調べてみることにしました。

今回は、村田諒太さんの気になる!を紹介させていただきますね。

気になった皆さん、これから一緒に村田諒太について知っていきましょう!!

スポンサードリンク

村田諒太さんのプロフィール

出典 http://number.bunshun.jp/articles/-/828197

村田諒太

ボクシング

生年月日 1986年1月12日

出身地 奈良県奈良市

身長 183㎝

所属 帝拳ボクシングジム

イケメンボクサーですよね。

身長も高くスタイルがいいです!!!

そのためか、2013年に神戸コレクションに出演したそうですよ!!

ご家族は奥さんとお子様が2人います。長男長女らしいです。

ご実家は3人兄弟の末っ子で、小学6年生の時に離婚。お父様もお母様も同居はしていたのですが、村田諒太さんは家族が仲が悪くなったのが辛かったと語っています。

子供の時につらい経験をされたので、今は幸せな家庭を持ててよかったですよね。

ずっと幸せな日々が続いてほしいです。

村田諒太の経歴は?

村田諒太さんの経歴について調べてみました!!たくさんのエピソードがありましたのでご紹介いたしますね。

村田諒太さんは、5歳の時に水泳を始めて中学生では陸上部で活動をしていました。大会で4位をとるも、続けていくことに限界を感じたのか断念。

そのころ、複雑な家庭環境に嫌気がさし金髪で登校!!

担任の先生にやりたいことはないのかと聞かれ、村田諒太さんはボクシングなら…ということで、ボクシングジムを紹介され通うことに。しかし、すぐに辞めてしまったそうです。

中学3年生の時に進光ボクシングジムでトレーニングを再開。

高校時代は高校2年の時に選抜・総体・国体ですべて優勝!!高3の時も選抜・総体優勝!!

国体では優勝を逃し、その後の大会でも敗退してしまいました。

ボクシングはもともと持っていた才能でしょうか。5冠も獲得されていたのですね。

東洋大学へ入学後、全日本選手権にて優勝!!

2005年のキングスカップは惜しくも銀メダル

同年のアジア選手権では銅メダルと好成績でしたが、この後の試合は思うような成績が残せず、北京オリンピックの出場に選ばれなかったこともあり引退を決意しました。

大学卒業後は母校の東洋大学で働き、ボクシング部のコーチとして活動しました。

しかし、部員の不祥事が発覚し責任をとってコーチを辞任。

ボクシング選手として活動を再開し、全日本選手権で3連覇を獲得しました。

現役から遠のいても、強さは健在だったということですね。さすがです!!

その後も好成績をとり、ロンドンオリンピックの選手として選ばれました!!

決勝戦でブラジルのエスキバ・ファルカオ選手と対戦し勝利!!金べダルを獲得しました!!

こちらは当時話題となったので、知っている方も多いのではないでしょうか。

私もこのことをきっかけで村田諒太さんを知ることとなりました。

その後はしばらくの間、東洋大学の職員として職務に専念。2020年に開催される東京オリンピックの招致活動の応援をしていました。

最初はプロへの誘いを断っていたが、2013年にプロ転向をしました。

現役続行も反対され、指導や英語を習得したいため留学をする意向を示したら反対…。それならばプロになる!!と決めたら反対…とそうすればよいか迷っていた時に、子供のころの夢を思い出し、プロになることを再度奥さんに説得したところ、了承してくれたそうです。

プロテストに合格後、プロデビューを果たした村田諒太さんは現在まで15戦14勝1敗と輝かしい成績を残しています。

そして現在はWBA世界ミドル級王座!初防衛戦でも勝利をしているので、今後もその強さを発揮して試合に臨むのでしょうね。

こんなに多くの経歴を残す村田諒太さん。

ボクシングと出会っていなかったら今は何をしているのでしょうね…と思うほど、ボクシングでの才能が優れた方なのかと思い知らされました。

村田諒太さんがジャンクスポーツに出演いたします

そんな無敵な村田諒太さんが、ジャンクスポーツにVTR出演をいたします!!

問題を出題するそうで、どのような問題か楽しみですね。

まとめ

今回は、村田諒太さんについて気になる!情報でした。

今後とも大活躍間違いなさそうですので、応援していきたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする