山小屋主人である伊藤圭さんのwiki風プロフ!墜落事故とは?【情熱大陸】

こんにちは。yuzukiです。

山小屋の主人である伊藤圭さんが情熱大陸に出演いたします。

伊藤圭さんはどのような方なのか?墜落事故というワードが出てきたので、これはいったい何なのか気になり調べてみることにしました。

今回は、伊藤圭さんの気になる!を紹介させていただきますね!

気になった皆さん!これから一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

伊藤圭さんのプロフィール

出典 http://www.hodaka-kenich.com/Mountaineer/2007/07/13004325.php

伊藤圭

山小屋の主人

生年月日 1977年

出身地 東京都

お父様は『黒部の山賊』の著者である伊藤正一さん。(故2016年)

お父様は戦後、長野県にある北アルプスにある三俣山荘と水晶小屋を買い取り、その後雲ノ平山荘、湯俣小屋(現在休業中)の経営もすることとなりました。

伊藤圭さんは、山で知り合った敦子さんと2002年に結婚お子さんに恵まれました。

伊藤圭さんと敦子さんは、お父様の伊藤正一さんの意志を受け継ぎ、山小屋の管理をすることに。現在では三俣山荘と水晶小屋を営んでいます。

携帯も電波が届かないために使えない。ガスも使えない。電気も通っていない。水道もないところで家族で暮らし、登山シーズンでは数多くの登山客をもてなしているそうです。

生活が不便な所に住むのって想像がつきません…。過酷な環境のもと、お子さんたちも暮らしているとなると大変だなっと思ってしまいます。

しかし、子供たちは過酷な環境にいると感じさせないくらい、駆け回って遊んだりしているそうですよ。

順応性に優れていますね。たくましいお子さんなのでしょう!

スポンサードリンク

墜落事故とは何?

伊藤圭さんについて調べると事故というワードがありました。

何だろう?と検索をかけてみると、伊藤圭さんがヘリの墜落事故にあったそうなのです。

北アルプスの奥地にある水晶岳に、小屋を立て直す計画だった伊藤圭さん。

着々と準備が進む中、建設会社の方と現地へ向かいました。移動はヘリで。下見やまだ雪が残ったところでミーティングをして帰宅。

その帰路の途中、ヘリが墜落してしまったのです。

機長を含む2人が死亡。伊藤圭さんは助かるものの、骨折という重傷を負い、奥さんの敦子さんも顔面にケガを負いました。

水晶岳は不安定な天候で強風も多いようです。

当時もあやしい天候で中止になるかと思っていたところ、ヘリが来て乗り込み現地へ到着。

帰宅時は天候が悪くなり、山小屋で一晩を送ろうと思っていた時にヘリが到着。

機長は、ヘリに乗せて帰宅させてあげないと!という気持ちが強かったのでしょうか。

飛び立って間もなくして墜落をしてしまったとのことです。

この時点で、恐怖でもう小屋を建築することができない!と思ってしまいますよね。事実、建築会社は撤退してしまいます。

しかし、亡くなった方々のためにも小屋を完成させると伊藤圭さんと敦子さんは意気込み、別の建築会社の方々と建築を再開。

無事に小屋は完成

現在は、多くの登山客が訪れているのでしょうね。

小屋を建設する情熱が伝わってきました。

事故もあり死亡者も出てしまいましたが、遭難者が多く出るところだそうなので、これでたくさんの命が助かるのではないかと思われます。

伊藤圭さんが情熱大陸に出演いたします!

そんな、小屋に対する情熱が伝わってきた伊藤圭さんが、情熱大陸に出演いたします。

伊藤圭さんに密着し、2018年の本格的なシーズンでの出来事が放送されるそうです。楽しみですね!

まとめ

今回は、伊藤圭さんの気になる!情報でした。

これからも三俣山荘と水晶小屋の経営を、何事もなく営んでいけることを願いたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする