ハコちゃん(岩下尚史)と呼ばれるのはなぜ?名前の由来や青梅・生い立ちとは?【幸せ!ボンビーガール】

こんにちは。yuzukiです。

ハコちゃんこと、岩下尚史さんが、幸せボンビーガールに出演いたします!

ところで、ハコちゃんと呼ばれているのはなぜかご存知でいらっしゃいますか?

名前の由来が気になりましたので、調べてみることにしました。

青梅というワードも気になったので調べてみましたよ。

今回は、岩下尚史さんの気になる!を紹介させていただきますね!

気になった皆さん!これから一緒に確認いしていきましょう。

スポンサードリンク

ハコちゃん(岩下尚史)のプロフィール

出典 http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140330%2F12%2F1894972%2F36%2F200x168xc9e4f87c74d826ec76362d26.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

岩下尚史

(いわした ひさふみ)

作家・伝統文化評論家

國學院大学客員教授

生年月日 1961年6月28日

出身地 熊本県菊池市

熊本県にご両親の元、一人っ子として産まれた岩下尚史さん。

子供のころから体を動かすことが嫌いで、運動はせずに読書をしたり、観劇に興味があったのだそう。

國學院大学卒業後、新橋演舞場株式会社に入社。

幕末から平成に至るまでの芸子屋・遊女屋について調査研究を行って、1996年『新橋と演舞場の七十年』の編集と著作を行いました。

新橋演舞場株式会社を退社。

2006年に初の著書『芸者論:神々に扮することを忘れた日本人』を発表し、第20回和辻哲郎文化賞を受賞

それ以降も数々の著書を発行したり、雑誌の連載を行ったりしています。

岩下尚史さんは昔からモテていたそうで、2回婚約を交わすのですが、結婚までにはいかず現在独身であるのだとか。

独身であり、話し方も特徴があることから、オネエ疑惑が浮上しますよね。しかし、あくまでも男で、恋愛対象は女性とのこと。

柔らかい物腰ことで、とてもえらい方ですが親しみが出ていいのかなと思います。

青梅というワードが気になったのですが、岩下尚史さんが青梅に移住したから。

青梅とは東京の西にある自然豊かな場所です。

そこで、築100年となる古屋をリノベーションたらしいです。

お庭がとても広く、500坪もあるのだとか!!

東京で500坪…都会ではないもののさすが有名な方だなと思いました。

スポンサードリンク

ハコちゃんと呼ばれる由来は?

岩下尚史さんは、ハコちゃんと呼ばれているのはなぜでしょうか?

それは箱入り息子だから!!

一人っ子で、お坊ちゃんということで、学生時代に居候(バイト)をしていた祇園町の料理屋にて愛称で呼ばれていたのだとか。

芸能界でのお仕事をし始めたときからマネージャーさんが呼んでいて、番組内でハコちゃんという愛称を使い始めたところ広まって、現在皆さんに親しまれる愛称となったそうです。

学生からの愛称が現在も使用されていたということですね。

ハコちゃんと呼ばれて世間に浸透しても、そのまま受け入れてしまう岩下尚史さんは、心が広い方なのですかね!

ハコちゃん(岩下尚史)が幸せ!ボンビーガールに出演いたします!

そんな、ハコちゃんの愛称で人気の岩下尚史さんが、幸せボンビーガールに出演いたします!

義堂アナウンサーと訳アリ物件のロケだそうで、どのような内容になるか楽しみですね!

まとめ

今回は、岩下尚史さんの気になる!情報でした。

これからも、テレビや作家などでご活躍されるのでしょうから、目が離せませんね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする